Read Article

初秋の藁科川(静岡市)で川遊びキャンプをしてきました

休憩後、川遊びの本番(?)が始まりました

昼食のあと、くつろいでいると川の方が賑やかになってきました。

川にせり出している岩の方に目を向けると、みんなの視線が一点に集まっています。

まさか …

warashina1

飛び込みました!

warashina2

無事、帰還 w

warashina3

川のほとんどのところは浅瀬なのですが、岩の近くは飛び込めるだけの深さがあるそうです。

昔から、ジェットコースターやスカイダイビングなどの体を張ったアトラクションは、男より女の子の方が元気があるような気がしてたのですが、やっぱりそのようです w

 

飛び込みが終わってしばらくすると、遠くの方で何かにつかまって流れていく人たちが …

warashina4

どうやら、コレにつかまって漂流、じゃなくて川下りをしているようです。

warashina

先ほど、お孫さんを抱えてくつろいでいた主催者の方が船頭さんになっているようで、1 回下るごとに陸地にいる違うメンバーを連行、いや誘って川下りを楽しんでいました。

男性は、ほぼ全員川下りの体験者となったのですが、自分だけは撮影のためにずっとカメラを持っていたので川に入らずにすみました w

 

川下りが終わったかな?と思っていると、対岸の急な岩場に人影が!

warashina5

実はこの少し前に、地元の高校生と思われる 2 人の男の子たちが同じ位置から飛び込みをしていました。

それを見て十分な深さがある飛び込みポイントがわかったので、チャレンジしたいと思ったのでしょう。

が、遠目に見てもかなりの高さです。

登ってから、飛び込もうかやめようかと考えている間に小さなギャラリーもできて …

どうするのかな?と思っていたのですが、ちょっと目を離している間に「ザブーン」と音がして、見事に飛び込んでいました。

男の意地を見せましたね ^^

泳ぐような川遊びには温まる場所があるといいみたいです

みなさん、午後になってもしばらく川遊びをしていたのですが、やはり泳ぐには川の水は冷たいらしくて( 9 月下旬ということもありますが … )、何度も焚き火台の前に来て温まっていました。

足だけ川に入るとか、水着でも全身が水につからなければ冷えすぎることはないと思いますが、泳いだり、浮き輪などを使って長い時間川の中にいる場合は、焚き火台などを用意して、温まる場所を作っておいたほうがよさそうです。

 

 

ナチュラムで探すときはこちらです。

目次に戻る

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top