Read Article

裾野市 十里木キャンプ場(標高 1030m の凜とした空気が気持ちいいキャンプ場でした)

炭を熾しながら静かな雨の中で山の空気を満喫します ^^

8 月の終わりだったのですが、夕方( 17 時ごろ)の気温は 21 ℃ くらいで、暑くもなく寒くもなく快適でした。

jurigi1

空気がきれいで過ごしやすい

付近に別荘がたくさんあるのもよくわかります。

日が傾き始め、まわりがどんどん暗くなって少し雨も降ってきました。

jurigi22

ちょっと早いかなと思ったのですが、のんびりと炭を熾すことにしました。

jurigi3

そして、前回のキャンプから始めた「着火材1つだけの炭熾し」* を開始。平らな炭の上に着火材を 1 つのせて、周りを炭の壁で囲みます。

jurigi4

※ キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)で紹介されている方法です。

着火材に点火!

jurigi5

壁の天井に炭の蓋をして、あとは待つだけです。焚き火台が大きい時は、もう少し炭の壁を大きくした方がいいかもしれません。

jurigi6

炭が熾きるのを待っている時間、小雨が降る夕方の山の景色を眺めながら、記事(このブログです^^)のメモを取っていました。

jurigi7

キャンプ場の街灯にも明かりが灯り始めました。

jurigi8

着火材に点火してから 40 分くらいの状態ですが、ちょっと炭に火が通り過ぎた感じです。だいたい 30 分くらいで BBQ や料理を始められると思います。

jurigi9

炭が熾た頃にはキャンプ場はだいぶ暗くなっていました。

空気が少しひんやりしてきたので、炭火の暖かさが心地よかったです。

 

 

ナチュラムで探すときはこちらです。

目次に戻る

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top